Warframe知る知らブログ

攻略情報から装備レビュー、活動記録まで幅広くお届け PC版 日or英鯖で活動中

【フレームレビュー】LAVOS(ラヴォス)

イベント「オルフィクスの毒牙」で追加された新フレーム。

Lavosについてレビューしていきたいと思います。

 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131125600j:plain

 

 

どんなフレーム?

 

敵に状態異常を与えることに特化したフレーム。

全てのアビリティが敵に属性攻撃を行い、広い範囲に状態異常をぶちまける。

さらにアビリティ属性を組み合わせて、複合属性での攻撃も可能。

 

他の特色としては、

・アビリティ使用にエネルギー不要(クールタイムで管理)

・アビリティ効果時間が、使用武器で与える状態異常の効果時間にも影響

・高ヘルス&高装甲値の重装甲

といったところ。

 

初出は2020年のTennoConで、コンセプトアートはこんな感じ。

f:id:SLOTMACHINE777:20210131130307p:plain

f:id:SLOTMACHINE777:20210131130422p:plain

2020年内にはリリースするよ!から、ようやく12月末のイベントでお披露目になった形です。なおコンシューマ版

 

では具体的に、どんな使い方ができるのか?

本編の方を見ていきましょう。

 

本編レビュー

 

近年出てきているフレームほどぶっ壊れた性能ではないが、現環境でも中位~上位に君臨できるほどには強力なフレーム。

 

 ・自身のヘルス回復

・高レベルの敵でも問答無用で焼却する、ロマン砲持ち

・状態異常をぶちまけることによる、敵へのCC&味方のサポート

 

が可能です。

 

アビリティの方を見ていきましょう。

(なお、細かい性能は一番詳しくまとめてあるWikiを見てください。

ここでは、アビリティごとに何ができるかをまとめています。)

 

1番:OPHIDIAN BITE

 

前方扇上の範囲に毒ダメージ&与えたダメージに応じて自身のヘルス回復。

 

自身のヘルス回復の恩恵が大きく、オペレーターに転移して回復といったテンポロスを省けるのが魅力的。

 

なお、アーマー持ちに使っても与ダメージが減って全然回復しないので、ご注意。

 

2番:VIAL RUSH

 

一番よく使うであろうアビリティ。

前方に突進しつつ、氷爆弾を周囲にぶちまけるもので、終点かもう一度2番を使用で止まった箇所で、更に周囲を爆撃する。

 

クールダウンが5秒と短い上に、手数が多く異常を与えるのにうってつけであり、

敵との距離を詰めることが可能。

 

これから近接攻撃につなげてブン殴ることで、大体の敵を処理することになる。

 

ちなみにホントに直進しかしないのと、直進距離がデフォルト30mと短いので、移動用には不向き。

 

3番:TRANSMUTATION PROBE

 

直進する攻撃判定を持ったオブジェクトを、前方に展開するアビリティ。

 

オブジェクトの効果範囲では

・敵にダメージ&状態異常付与

・当たった敵1体ごとに4番のクールタウン減少

・ヘルスとエネルギーオーブをどちらも回復させるオーブへ変化させる

・各武器弾薬を全武器の弾薬を回復させる弾薬に変化させる

 

といった影響がある。

 

ここで特に重要なのが、4番のクールタイム減少効果。

 

Lavosを運用する上で、後述する4番でのロマン砲を活用したい場合は、とにかくこの3番を投げつけまくることになる。

 

クールタイムは10秒とそれなりに長いが、敵の群れを見つけたらまず投げるくらいのペースで使うことをオススメ。

 

4番:CATALYZE

 

Lavosの目玉である、超火力ロマン砲

 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131134750j:plain

 

現状のシミュラクラムで出せる最高レベル180のヘビーガンナーだろうが、

一回の攻撃判定で100万ダメージを超える火力を出せます。

 

当然この火力であれば、何千レベルの敵でも簡単に焼き切れますが、まさにロマン砲になるので条件が厳しい・・・

 

詳しく見ていきましょう。

 

まず、4番のアビリティ自体は、周囲に攻撃判定をもった炎オブジェクトをばらまくというもの。

このオブジェクトは低速で直進しながら、範囲内の敵にダメージを与えるといったもので、

単体で使うと攻撃範囲はそこそこ広いですが、威力は大したことありません。

 

ただし!

攻撃対象の敵の状態異常の数に応じてダメージが倍増していくという特性を持ち、これがヤバイことになります。

 

準備として、Lavosと同時に実装されたシグネチャーウェポンであるCEDO

f:id:SLOTMACHINE777:20210131140639j:plain

 

こいつのセカンダリ射撃が凶悪で、

敵が密集しているor閉所であれば、反射した弾が狂った状態異常率を以て、大量の状態異常を敵に付与します。

 

さらに、KuvaNukorなどの状態異常付与に特化させたセカンダリ武器にてマシマシした状態異常の数。

 

これを以てして倍々されたダメージが、上記の100万↑ダメージに繋がります。

 

武装や状況も縛ることになるため、なかなかに窮屈な条件にはなりますが、

広範囲にこのダメージをブチ撒ける強さを持つことには違いありません。

 

他、クールダウン30秒という長さを持ちますが、3番で短縮できるので活用していきましょう。

 

 

ビルド例
 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131142113j:plain

COを付けた近接武器でブン殴る&4番の火力を活かすための構成です。
 
今回はゴリゴリに組んだビルド例ではないので、ビルドを組む時に参考になりそうなことを書いておきます。
 
・効果時間について
 
これを下げすぎると、敵が近接武器で殴っている最中や4番発動前に異常から解けたりしていいことがありません。
デフォルトの100%近くになるように調整することをお勧めします。
 
・威力と範囲について
 
盛れ!
 
・効率について
 
3番で4番のクールタイムを短縮する時に関係します。
アビリティ全体のクールタイムが短くなるわけではないですが、4番の火力で焼き切るビルドを組む場合は重視することになるので、できるだけ上げましょう。
 
・なんかいい移植スキルある?
 
敵の集敵ができる、Nidusのアビリティがオススメ。
敵にまとめて状態異常を掛けるにしろ、3番&4番を使うにしろ、敵はまとまっていた方が都合が良いです。
状態異常以外でのCCがないところをカバーするのにも、うってつけですね。
 
また、敵の攻撃によるダメージを軽減するなどのアビリティもないので、その辺りをカバーするためにWukongの移植スキルなどもいいかもしれません。
 
・他に良いビルドないの?
 
効果時間と範囲を盛って、
・敵からのドロップ変換
・CO近接で殴る下準備として状態異常漬け
にしてもいいかなと思ったけど、個人的には微妙でした。
 
ドロップ変換が有効に機能する局面が少なく、先にエクシラス弾薬変換で吸われてて草となるのもね。
 
また、異常漬けにするというのもありましたが、
現環境ではKuvaNukorや、増強Ogrisなどで、アビリティでやるよりも
すばやく、クールタイムなし、足が止まらない、広範囲&大量の敵により多くの異常を撒けるので、わざわざLavos使ってまでやる必要ないなというのが結論です。
 
武器がない、でもLavos使いたいですよね?というならやっていいかも。
 
 
・Lavosこそホンモノの属性の達人では?

f:id:SLOTMACHINE777:20210131143745p:plain

Warframeでは、ライトカラーで属性を変えられることが属性の達人ということらしいです。
 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131143936p:plain

元素の達人かも知れんわ。
 
 
総評
 
本編でも挙げた、
 
・ヘルス回復持ちで重装甲
・条件次第では、問答無用で周辺を制圧できる火力スキル持ち
 
ということもあり、初心者にも上級者にもオススメできる良いフレームだと思います。
 
イベントやってなくても1パーツ5000ポイントで、エントラティのFatherが販売しているので、
取り逃した人も、初心者にもそれなりに入手しやすいというのもいいですね。
 
ストッパー素材に、ダイモスで採掘する最上級の宝石2種が必要になるので、地位が足らなかったりする場合はトレードで入手しましょう。
 
レビューに関しては、以上となります。
 
 
あと、ヘルメットごとの写真貼っときます。
 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131144937p:plain

こっちがノーマル。
 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131144959p:plain

こっちが作成して付ける方。
 
 どっちが人気なんでしょうね?
 
私は作成して付ける方のが好きです。
 
と、いった感じでした。
 
 

 

 

 

 

 

f:id:SLOTMACHINE777:20210131150839p:plain

 はい
 
 
 
 
以上です。
ありがとうございました。
 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村